#369 売れるコピーの条件

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015.7.28 #369【石田塾メールマガジン】
売れるコピーの条件
毎週 火曜日配信

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藤井です。

今東野圭吾のガリレオシリーズというのを
読んでます。

子どもの頃から推理小説大好きで、
江戸川乱歩とか、金田一少年の事件簿とか、
エラリー・クイーンとか、
エドガー・ポーとか、
シャーロック・ホームズとか
たくさん読んでました。

僕もそうですけど、なんか謎解きが好きな
人っていますよね。

解決編の前に、自分で一生懸命トリック
考えたりするんですけど、
無駄に時間使ったりして
僕は一体何やってるんだ・・・と、
良く落ち込みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 売れるコピーの条件

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近、お客様に電話で商品についての
ご案内をする機会がありました。

電話での販売って、
とにかくトークスクリプトのコピーが
尖っている必要があります。

なのでコピー書く人は、
電話で人に売ってみる事を
考えてみてもいいのかなと思いました。

つまらないこと言ったらすぐ切られるので、
「あぁこれはダメなんだ」
とすぐにわかります。

電話でダメなコピーは、ウェブでも
やっぱり使ったらダメなんだと思います。

そこで今日は、電話販売でも応用できる、
「売れるコピーの条件」
を考えてみたいと思います。

(1)一言一言きちんと面白いことを言う。

コピーでもすごく多いのが、
読んでてあくびが出たり、思わず
読み飛ばしちゃったりするものですね。

電話でつまらないこと言うと、
すぐに切られます。

自分で何度読んでも飽きずに最後まで
読める、無駄が無くて面白いコピーを
書く必要があります。

「ここ読んでて眠くなった」
という箇所はばっさり削除で良いです。

最初は自分で「良いな」と思った
フレーズでも、何回か読むうちに
「やっぱり眠いかな。」
と思ったら、ばっさり削除するのが
いいと思います。

どうせそのうちもっといいアイデア
浮かんでくると思います。

(2)興味を持ってもらう

人間誰しも知らない話は、
聞きたくないです。

「なんだかわからないから興味
もってもらえるだろう。」

という考えは、時として危険です。

確かに好奇心を刺激するのは
重要なノウハウですが、
わからなさすぎて興味をもって
もらえないケースもあるからです。

例えば、

「お金を引き寄せる秘密の
ツールで稼げます!」

とかですね。

なんだかよくわからなさすぎて、
うさんくさいし興味が
もてないです。

(3)自然であること

あまりに不自然なものを見ると、
人間はたいてい警戒します。

100%自然なコピーを書いた方が
いいと思います。

特に、電話口で話してみると、
少しでも不自然なコピーが入ってると、

「僕は何言ってるんだろう。」

という感じになったりします。
相手もちょっとキョトンとします。

電話で話さずとも、
目の前に人がいると思って、
軽く音読してみるとすぐに
不自然な点は見つかります。

ご参考にしていただけますと幸いです。


(藤井) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 編集後記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コーヒーをやめたのですが、
代わりに毎晩お風呂で日本酒を
飲むようになってしまいました。。

以前、某スーパーアフィリエイターが

「成功のためには禁酒が必要」

とおっしゃっていましたが、
そのうち禁酒も実験してみたいと
思います。

あとは砂糖とか、
味の素をやめてみるとかも
実験してみたいところです。

(藤井)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★【IJK 塾生必読メルマガ】
石田レポート 年収1億!稼ぎの構造
⇒ http://www.mag2.com/m/0000138888.html


★今まで配信したメールマガジンの
バックナンバーサイトを
用意いたしましたので、
過去のメールマガジンは、
こちらよりご覧下さい。

石田塾メールマガジン
バックナンバーページ
http://ijk777.net/mmbn/

※アクセス時に認証を求められます。
お手数ですが以下のIDと
パスワードのご入力を
お願いいたします。

ID:【 ijkmm 】
パスワード:【 mmbn08 】


★本メルマガの著作権は石田塾にあります。
文章の引用、メディア(ブログ、ウエブサイト、
メルマガなど)への掲載を禁じます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年7月28日 第369号発行

アカデミアジャパン株式会社
発行責任者:藤井 俊緒

お問い合わせはこちら→ask@maiei.net


ネット広告・マーケティングランキング

前へ

#368 結局、どうしたら儲かるのか?

次へ

#370 生き残るコンテンツの作り方