#463 環境を変えることで結果が変わる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017.06.27 #463【石田塾メールマガジン】

環境を変えることで結果が変わる

毎週 火曜日配信

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


はじめまして、アカデミアジャパンの竹内です。


今回、はじめてメルマガを書かせていただきます。

私が弊社に入社したのは今年1月になります。
早いもので半年が過ぎようとしています。

前職は千葉県内で11年程勤務していました。

現在私は千葉に住んでおり、
毎日片道2時間かけて六本木まで通勤しています。

2時間と聞くと大変と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが意外と大丈夫です^^

通勤快速で座れるのが大きいかなと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 自分で稼ぐ力を身に着ける

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がアカデミアジャパンに転職した理由の一つが、
自分で稼げる力を身につけたかったからです。

自分の力で稼ぐのに最適なのがアフィリエイトだと私は考えています。

アフィリエイトと言ってもその種類はさまざまです。


ざっと思いつくところを挙げてみますと

・SEOアフィリエイト
・PPCアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト
・YouTubeアフィリエイト
・ツイッターアフィリエイト
・メルマガアフィリエイト


などがあります。

一つのアフィリエイト手法に
特化して行っている人もいますし、

複数のアフィリエイト手法を
組み合わせて行っている人もいます。


どのアフィリエイト手法にも言えることですが、

アフィリエイトはリアルビジネスと比べても
圧倒的に初期費用が少なく、

ネットがつながる環境さえあれば
場所を選ばず取り組むことができます。


そう考えると現代社会は、
自分の力でお金を稼ぐという面から見ると

ネット環境が存在しなかった時代と比べ
あり得ないほどに恵まれた時代だと言えるでしょう。


自分の力で稼ぐのにアフィリエイトが最適だと
考えているのもこういった理由からです。

そして、アフィリエイトを教える塾を
長年運営しているアカデミアジャパンで働けば
私も自分の力で稼げるようになると思ったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 環境が大切

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がアフィリエイトをはじめたのは2010年になります。

昨年までの私は、自分で情報収集し、
試行錯誤をしながらアフィリエイトに取り組んでいました。

いわゆる独学で頑張っていた感じです。

それでもある程度は成果が出ていましたが、
弊社に入社して約半年、
稼げる環境に身を置くことができている結果、
私のアフィリエイト報酬が増えてきたのです。


去年までの私と違うのは、環境(職場)が変わっただけです。


環境が変わったことで行動が変わり、
行動が変わったことで自然とアフィリエイトに取り組む意識も変わりました。

意識だけを変えることは大変なことだと思います。
人間はそう簡単に変わることができないからです。


しかし、環境を変えることは意外と簡単です。


私のように転職までしなくても、
ちょっとした環境を変えることはできるかと思います。

アフィリエイトで稼ぎたいのあれば、
稼いでいる人が集まるコミュニティに
参加するのも環境を変える有効な方法です。

もちろん、環境を変えても行動が
変わらなければ意識は変わりません。

ただ、環境を変えることが行動を変える
大きな原動力になることは間違いありません。

もし、今の生活を変えたい、
もっと改善したいと思ってるのあれば
ちょっとした環境を変えてみるのもいいかと思います。

(竹内)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■編集後記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

竹内くんは今自社で新しい試みとなる、あるポータルサイトの
運営を任せています。PPCを使って集客して(1アクション1万円くらい)
それを最大16万円くらいで販売するような業務です。

つまり利益率1500%ですね(汗)

リスティングの力があると集客力を獲得できます。
弊社はリスティングを外注せずに自社でやってたのでそれが可能となった。

今はなんでもかんでもアウトソーシングが主流、
ランサーズ全盛期、自社は社長以下スタッフ数人で、
できるだけ身軽に、という感じですよね。


しかし
自社でやってみるというのは実は長期的に見るとすごく理にかなったことなのですよ。
というのは人材を育成できるから。

外注はあくまでも外注です。
石田さんの仕事はもうやりません、と言われればそれまで。THE END。

ですので基幹業務(あるいは今後の基幹業務)を
外注化するのって実はコインの裏表なんですね。

ものすごいチャンスを無視しているようなことにもなりうるわけです。

(石田)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年06月27日 第463号発行

アカデミアジャパン株式会社
発行責任者:清瀬 和規

お問い合わせはこちら→ask@maiei.net


ネット広告・マーケティングランキング

前へ

#462 マインドが変わると成果があがる

次へ

#464 自己アフィリ×メ○カ○